スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国公立大の倍率上昇、4・9倍に 不況の影響か(産経新聞)

 文部科学省は19日、国公立大入試の2次試験の確定志願者数が前年度より1万4255人増加し、48万9275人だったと発表した。増加は7年ぶりで、募集人員に対する志願倍率も前年度より0・1ポイント高い4・9倍となった。18歳人口が微増に転じたことに加え、学費が安い国公立大の人気が不況で上昇したのが背景とみられる。

 国立の志願者は36万407人で倍率は4・5倍(前年度比0・1ポイント増)、公立は12万8868人で6・7倍(同0・3ポイント増)。公立の上昇幅が大きいことについて、大手予備校の河合塾は「受験生の地元志向の強まりの表れ」と指摘する。

 大学別では、東大の倍率が4・1倍(同0・2ポイント減)と下降、京大は2・9倍(同0・1ポイント増)。河合塾は「首都圏の難関大が地方の受験生に敬遠される傾向があり、東大も影響を受けたのでは」としている。

 学部・系統別では薬・看護系が5・7倍(同0・5ポイント増)、教員養成系が4・6倍(同0・4ポイント増)で、資格志向が明確になった。

 また、センター試験の成績で門前払いする「2段階選抜」は、前期日程で16大学で実施され、2922人が不合格になった。

【関連記事】
私立高合格、ネット発表1割の理由とは… 掲示板復活も
試験会場までヒッチハイク300キロ! 列車運休も根性で合格 埼玉の女子中学生
高木美帆、高校に合格内定「ほっとしています」
立教大が出題ミス 理学部の化学入試で物質名誤記 「酸」が抜けていた 全員正解に
高校入試の調査書に別人の内容 松本の中学校、担任の転記ミス

<暴行容疑>警視庁職員を逮捕 女児抱き上げ(毎日新聞)
自民、予算審議拒否の構え=「敵失」に冷静な見方-長崎知事選(時事通信)
衆院予算委 自民、「ポスト鳩山トリオ」狙い撃ち(産経新聞)
<鳩山首相>冬季パラリンピック選手にエール(毎日新聞)
<町田市長選>石阪氏が再選 東京(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。